私が能楽にハマるきっかけともなった
能マンガ「花よりも花の如く」
作者である漫画家成田美名子先生の
画業40周年記念「花花能」に行ってきましたドキドキ

会場は、GINZA SIX内
観世能楽堂乙女のトキメキ

昨春の移転&開場は
ニュースとして知ってはいましたが、
まさか足を運ぶ機会があろうとは!

私が行った2月11日は3日間公演の初日です。

【番 組】

  能 「羽衣(はごろも)」

 狂言 「福の神」

 半能 「石橋(しゃっきょう)」

2日目、3日目の曲も含め、
すべて作中で主人公・榊原憲人
(↑プログラムの「能」の文字に重なってる人物)
が舞った曲ばかりです。

舞台上のすべてが

能舞台には、緞帳も大道具もなく、
照明も、「地明かり」あるいは「生明かり」と言われる
舞台全体を照らすものだけで、
はっきり暗転することもありません。

出演者の出ハケはもちろんのこと、
作り物といわれる大道具的なものを運び込むのも、
すべて演能中と同じ状況の中で行なわれます。

この図の中の「本舞台」部分以外の場所は
いわば「ない」ものとして扱われているワケです。
(揚幕より舞台側はすべて観客から見えている)

今回は「羽衣」の羽衣(ややこしいな)を
事前に橋掛かりの松の近くに掛けるとか、
「石橋」の一畳台という畳一畳分、高さ20センチくらいの台に
牡丹の枝を付けた台を二つ舞台に設置するとかが
この状態で行われました。
そして、「羽衣」の途中で天人が羽衣を身に着けるのは、
もちろん舞台上で、舞台の向かって左後方の後見座付近です。
(KAT-TUNの亀梨くんが某CMでやってるような、
 黒子が出てきて舞台ど真ん中で早変わり、なんてのは
 能楽では絶対にありえないむかっ
長々と書いてきましたが、目の前でやってるけど
「ない」ものとなっているこれらのすべてが
ほんとうに美しい乙女のトキメキ
一畳台という重いモノを二人がかりで持ってくる、
けっこうしんどいであろうその歩きにも見とれてしまいます。
先月の「お米とお豆腐」のお装束着付けの記事でも書きましたが、
「見せる」ためのものではないはずなのに美しいのです。
だからと言って主張しているわけではなく、
一連の流れの中で自然に存在しています。

それらすべてが「花」。
その時その場にしか存在しない
一度限りの「花」。
能の魅力(魔力?)にますますハマってしまいそうです。

参加受付中!

お申し込み、お問い合わせは
080-5716-1562
または連絡帳ページから
ちょっとこんなこと聞きたい~だけでも
お気軽にどうぞ照れ

☆☆お出かけしたくなるゆる楽着付け☆☆
 出張着付け出張着付けレッスン
受付可能日予定表はコチラ

卒業、卒園、入学式の着付け受付中♪

☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@播磨町☆☆
  2月16日(金)10:30~11:40
☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@HOWBI☆☆
  2月23日(金)19:45~1時間ちょい
☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@エクラ☆☆
  4月8日(日)14:30~15:40
☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇオンデマンド☆☆
  ご自宅等にお伺いして、レッスンいたします。

☆☆ゆるめる筋トレ&ストレッチ@加西KCC☆☆
  第1,3月曜日13:00~14:00
☆☆50代からのやさしいダンス@加西KCC☆☆
  第1,3月曜日14:10~15:10

☆☆アラフォーからのゆる楽バレエストレッチⓇ@加西KCC☆☆
   第2,4火曜日 15:30~16:30
☆☆シニアのためのゆる楽バレエストレッチⓇ@加西KCC☆☆
   第2、4火曜日 16:45~17:45

  ※加西KCC 体験、見学随時受付中
    0790-42-4153

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
  毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
  毎木曜日 11:25~12:40@西神中央(078-991-5688)
                         

 
  ※体験、見学随時受付中!