【兵庫県小野市】がんばり屋さんのオトナ女子のためのがんばりすぎないバレエと着付けとストレッチ

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

ぷろむなーど代表
 田中 由美(たなか・ゆみ)

        141122_0832        141125_1633

ゆる楽を目指すまで

バレエを始めたのは4歳の時。
中学の部活時、就職後しばらくを除き、
なんとなーくおけいこ事としてレッスンを続けていたけど、
無理のきかない年齢になっても考えなしに踊っていたら、
膝や腰に故障を抱えてしまいました。

2005年に子宮筋腫、2006年に乳がんと、
2年続けて入院&手術を経験したことで、
病気になるほどがんばりすぎていた自分に気づき、
がんばるとか無理をするとかを考え直し始めました。

2007年、勤め人生活に区切りをつけ、
バレエの先生という、思ってもみなかった
お仕事を始めることになりました。
札幌バレエセミナーの指導者クラスで解剖学を学び、
筋金入りの文系のくせに、すっかりハマってしまい(笑)
ここから、身体の仕組み、呼吸、筋肉についての
マニアックな探究、考察が始まります(^_^;)
(マニアック歴…70~80年代アニメ、
 漢字、歴史、鉄道、ジャニーズ等々)
バレエ以外のダンス、ボディーワーク、ボディーケアや武術、
好きで鑑賞している能・狂言も、
すべてが身体を楽にすることにつながると確信、
いいとこ取りで考案した(*^^)v
「ゆる楽バレエストレッチⓇ」を2016年に商標登録。

着付けでもゆる楽

20代後半に着付け教室に通い、
基本から上級までのコースを学びましたが、
諸事情によりこの教室の講師資格は取得せず、
これまた諸事情によりそのまま修了。
その後、親類の美容室で婚礼着付けのサポートを経験したり、
自分自身がきものを着て出かける機会が増えていくことで、
きものはただ「着る」だけでなく、
「着て動く」「着て出かける」ものであることを実感し、
「ゆる楽」な身体の使い方を着付けにも
取り入れるようになりました。

乳がんサバイバーでもゆる楽

がんを体験して生かされた経験を活かしたいと、
特に自分のような日常に支障がないけど時々何かしんどい、
軽症の患者の役に立ちたいと思って、
NPO法人キャンサーネットジャパンの
「乳がん体験者コーディネーター講座」を受講、
医療専門用語に悩まされつつ何とかかんとか修了、
2013年に認定を受けました。
今はキャンサーネットジャパン主催のセミナー等に
ボランティアスタッフとして出没しつつ、
「ゆる楽」でサバイバーのみなさんの
お役に立つことを目論見中です。

 

お気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

タグクラウド

  • facebook
PAGETOP
Copyright © バレエと着付けのぷろむなーど All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.