160908_1230

例えば、前屈すると、脚の後ろとか、つけねとか、
場合によっては、足のウラが痛くなったりします。
まずはそれを「感じる」ことが大事です。
その痛みやつっぱり感は、その場所が固まっている、
つまりゆるめることができる場所だということを
教えてくれています。

ストレッチすると「痛い」「つっぱる」という方は、
それをすぐに感じることができるので、
ある意味「おトク」かも?

お仕事ブログでゆる楽バレエストレッチⓇの紹介ページ
「身体が硬い、身体を動かすのが苦手、
 運動は学生時代以来・・・」な自覚のある方、
「大歓迎」と書いているのはそういうわけです。

前屈からわかること

前屈で「痛い」「つっぱる」場所は上述しましたが、
これは、骨盤周辺を動かすことと、
脚の後ろ側を伸ばすことの両方をいっぺんに
しようとするためです。
ゆる楽バレエストレッチⓇでは、これらを分けて、
骨盤を動かす時には膝はゆるんでてもいい、
脚の後ろを伸ばす時は、骨盤は楽な場所でいい、
という感じでやっています。
前屈は目的ではなく、ゆる~く楽になった身体で、
あれ?前より動かしやすくなったかな?と
わかる目安みたいなものでいいと思うのです。