160121_1234

バレエの場合

バレエの用語は基本的にフランス語です。
昔のドラマやマンガでは、「アン、ドゥ、トロワ・・・」と
カウントしながらレッスン、なんてシーンもありました。
私自身は、子供の時から1度もフランス語カウントする教室に
お目にかかったことがないので、実際には使わないのでは?
と思ってましたが、発表会の男性ゲストで使う方がいらして、
さすが都会はあか抜けてはるな~などと感心した程度で、
フランス語どころか、何なら英語も使いません。
身体の感覚をじ~っくり感じる時は、日本語で
「い~~~ち、に~~~ぃ、さ~~~ん・・・」
の方がしっくりくるんですよね。

動きの名称なんかでもフランス語は
あまり使わないようにしています。
バレエクラスでは、初心者と経験者が一緒なので、
逐次通訳的に、フランス語の名称を言ったあと、
日本語、それもふだん使いの言葉で説明する、
という感じで使っていますが、同時進行で実際に私が動いて、
何のためにするのか、どこを動かすか、意識することは何か、を伝えています。
ゆる楽バレエストレッチⓇでは、もっと日本語だけで、
気をつけているのはむしろ、マニアックな(笑)筋肉や骨の名前を
使わないようにするとか、小ネタ的なたとえ(?)で
ジェネレーションギャップを考慮するということでしょうか。

着付けの場合

きもの関係の言葉の場合は、別の問題があります(^_^;)
こちらは基本的には日本語です。
しかも古くから使われているバリバリの。
でも、だからこそ日常とかけ離れていてわかりにくい。
もっとやっかいなのは、バレエの場合は
相手の目の前で言葉の説明をし、
動いて見せることができますが、
着付けの場合、出張着付けにしても、着付けレッスンにしても、
わけわからん言葉たちを、直接相手に会う前に、
「事前に準備いただくモノ」として、書面でお伝えするわけです。
既知の相手、未知の相手に関わらず、完ぺきに伝わっていることは
ほぼないと言っていいでしょう。

そのために、アメブロでもこのブログでも
「きもの用語」のカテゴリーを設けて、写真付きで
ぼつぼつ更新していたのですが、
上述の書面についての質問を受けた時に、
「ブログを見てください」などと言うわけにもいかず、
かと言って、更新のたびに見て下さる奇特な方も少ないしで、
何となく更新しなくなって今に至ります(ちょっと反省)

手段は多い方がいい

この記事を書こうと思ったのは、そもそもバレエの見学の方が
「言葉が難しくて覚えられない」とおっしゃったことがあり、
体験なら身体を動かすことで何となく残るし、
上述の通り、言葉がわからなくても身体を動かすことで
何となく残るんだけど、見ているだけだと、頭を使ってしまうからか、
受け取り方が違うんだなあと感じたことからでした。
バレエやゆる楽バレエストレッチⓇの場合は、
言葉だけでなく、身体も使うことで、頭より感覚に
残すことができます。
だったら、着付け関連のいろんな言葉についても、
やっぱり写真付きで視覚に訴えていく発信を
していく方がいいような気がします。
そういうわけで、近々「ワタシ流きもの用語」が
復活するかもしれません(予定は未定)。

———参加者募集中!———————————————-

☆☆月イチゆる楽バレエストレッチⓇ@エクラ☆☆
   10月 9日(日) 14:30~15:40 明日!
   11月20日(日)    〃 

☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@武庫之荘☆☆
  次回開催調整中

   第2,4火曜日 15:30~16:30 
☆☆シニアのためのゆる楽バレエストレッチⓇ@加西KCC☆☆
   第2、4火曜日 16:45~17:45 
 
☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
  毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
  毎木曜日 11:25~12:40@西神中央(078-991-5688)
  ※体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れたゆる楽着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスン
受付可能日予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはこちらから
お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!
(加西KCCクラスは0790-42-4153)