コーリンベルト2

【コーリンベルト-こーりんべると-】
両端にプラスティックまたは金属の留具がついた
長さを調節できる幅2cmくらいのゴムのベルト。
着付け時にきものや長襦袢の衿を留めて、着崩れを防ぐ。
左右両方から均等な力で引っ張ることになるので、
衿合わせが左右対称にきれいに整う効果もある。
留具が肋骨に当たると痛いので、留める場所に注意が必要。
「コーリンベルト」の名称は、ホチキスやテトラポッド同様、
一企業の商品名が一般名詞になったものとの説があるが、
確たる根拠が得られるだけの資料はない。
根拠となるべき文献や記事を書かれる着付けの「権威」たちは、
このベルトを着付け時に使用されないからかと思われる。

コーリンベルト1

売っている時はこんな箱に入っていることが多い。
量販店の浴衣売り場の着付け小物セット的なものに
含まれていることもあるが、上記のような理由で、
一般的な教本やDVD等では使用法が明示されていない
確率が高いので、購入時に注意されたい。

以下、ちょっとしたつぶやき

私はコーリンベルト使う派です(*^^)v
使わない方法も両方試したうえで、やっぱり楽だから♪

☆☆出張着付け、出張着付けレッスン承り可能日☆☆