友人のお父様が写真展を開催しておられるので、行ってきました。
150112_1330旅先の風景写真が多いです。
確かもう80歳くらいでいらっしゃると記憶していますが、
実にフットワークの軽い方です。
遠くは南米マチュピチュから、近くは田んぼのかかしまで(笑)

旅行はもちろんですが、ふだんと違う場所、空間に身を置くことは、
心や体のリフレッシュ、リセットになります。
友人のお父様の元気の秘訣も一つはそこにあるのでしょう。
撮影旅行に出かけることでリフレッシュされて、
また次の場所に出かけるエネルギーになる・・・好循環ですね。

ただ、展示写真の中に、近所の田んぼのかかしがあることからも、
遠くに出かけること、知らない場所に出かけることだけが
非日常に行く手段であるわけではありません。

いつもと違う道、違う曲がり角・・・
そこにあるステキなものに気づく感性もまた、
リフレッシュを繰り返すことで磨かれるものなのでしょう。

それも「自分を大切にする」ことにつながっていきますね。