帯締め

【帯締め―おびじめ―】
きもの姿を正面から見た時に、
帯の真ん中あたりに締めてある紐。
これ1本でほぼ帯結びを支えていると言っても過言ではない。
その重要性の割に、きちんと結ぶには熟練が必要なので、
初心者の着崩れの原因の一つである。
背中で折ったり結んだりした帯の部分を
体に固定するように沿わせて締め付ける力技と、
ゆるまないよう確実に、かつ美しく結ぶ繊細な技の
両方が求められる。
力まかせに締めても、帯の前胴部分には前板が
入っているので、このために苦しくなることはない。