「ちゃやまちキャンサーフォーラム」by MBS&CNJ
今年も盛況のうちに無事終了しました合格

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b30003

当日のパンフレット↑
八つ折にしてポケットに入れて持ち歩いたので、
見事に折り目がスキャナに読まれてます(^_^;)

前回にも増して、放送局の強みを大いに発揮されたMBSさん、
午後からがますますの盛況だったそうなのですが
(基本的に要予約のセミナー受付をしていたので、
当日参加可の他のエリアの様子がよくわからない)
ラジオの番組内やお昼のTVニュースで紹介された
ためらしいです。
終了後の懇親会では、ジョークまじりに
番組担当に「圧」をかけた・・・なんてオハナシもありましたが(笑)、
今年で5年になるというMBS内の活動、
Jump Over Cancerに共感する方たちが
メンバー以外にも増えてきた、というのが
本当のところのようです。
去年の記事タイトルを「アツいぜ、MBS!」
としていますが、アツい人たちの輪は
ますます広がっていきそうです。

「ちゃやまちキャンサーフォーラム」早々と
来年開催の内定が出ておりますグッド!

来年もぜひ参加して、アツいみなさんにお会いしたいと
思いますウインク

がんについて今考え中なこと、備忘録的に

がんイコール死に至る病という観念は持っていませんが、
最近別の意味で「がん細胞」の怖さを考えています。
がん細胞は、正常細胞を食い荒らすように、
問答無用に増殖していく存在です。
でも、宿主が死を迎えた時に、
自分自身も死んでしまうわけです。
一代限り、子孫もコピーも残さない。
種の保存の法則や、進化論から
まったく外れている、異端の存在、規格外の生です。
何のために存在しているのか、考え始めると
泥沼にはまり込みそうな感じ。
がんの怖さはその「得体の知れなさ」にあるのかも
しれないと、ふと思ったのでした。
だからこそ、闇雲に征圧、撲滅するのではなく、
あるいは正面から闘うのでもなく、
まず知ること、そして戦術を練ることも含め、
向き合い方を考えることもアリなんじゃないかな。

文系のたわごとでしたm(__)m

———参加者募集中!———————————————-

☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@HOWBI☆☆
  11月25日(金) 19:45~1時間ちょい

☆☆月イチゆる楽バレエストレッチⓇ@エクラ☆☆
   11月20日(日) 14:30~15:40
   12月18日(日) 12:30~13:40(時間注意!) 

☆☆ゆる楽バレエストレッチⓇ@クレオ大阪西☆☆
  11月27日(日)18:20~1時間ちょい

   第2,4火曜日 15:30~16:30 
☆☆シニアのためのゆる楽バレエストレッチⓇ@加西KCC☆☆
   第2、4火曜日 16:45~17:45 
 
☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
  毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
  毎木曜日 11:25~12:40@西神中央(078-991-5688)
  ※体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れたゆる楽着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスン
受付可能日予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはこちらから
お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!
(加西KCCクラスは0790-42-4153)