スキャン0003

 

『できない理由はその頑張りと努力にあった
   武術の稽古で開けた発想』 PHP研究所
甲野善紀 聞き手 平尾文
 
骨ストレッチの考案者・松村卓氏が大きな影響を受けた
「武術研究者」甲野善紀氏のインタビュー形式の著書です。
もともと松村氏と骨ストレッチを知った対談形式の書籍
『「筋肉」よりも「骨」を使え!』を手に取ったのが、
元ジャイアンツの桑田真澄氏の再起に関わったことで
お名前を知った甲野氏がきっかけでした。
 
それにしても、長いタイトルです(^_^;)
「努力」「頑張る」ことをしなくてもいいのではなく、
もっと根源的に、自分が思うようにできていないという
「違和感」に気づき、それをなくすために
「せざるを得ない」行動をする、という
一般的な「努力」よりももっとシビアなものが
求められている、それがタイトルが示すところ
のように私は感じました。
ちょっとクドい表現になってしまいましたが、
自分の感覚を信じて、身体の仕組みに無理なく、
本来の能力を発揮する、という感じかな。
太字部分、私が目指しているところと
共通しています。
私の場合は続きが「楽な使い方をする」なので、
あまりシビアな感じにはなりませんが(^_^;)
それでも「『武』を究めれば『舞』に通ず」
と言う言葉(出典不明。どこで聞いたかも不明
がありますが、紹介されている技や身体の使い方に、
レッスンに取り入れられそうなヒントが多くあり、
しっかり落とし込んで、アウトプットしていくのが
楽しみになってきました。

——————————————————————————————–

☆☆月イチゆる楽バレエストレッチ@エクラ☆☆
   1月10日(日)14:30~15:40
   2月14日(日)     〃

   第2,4火曜日 15:30~16:30
 ※体験レッスン1月26日(火)実施(有料)

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
毎木曜日 11:25~12:40@西神中央
体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れた着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスンの受付可能日予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはお問い合わせフォームより
お願いいたします。