piano

 

昨日の「題名のない音楽会」のサブタイトルが
「特殊筋肉と音楽家たち」
(11月29日は『いい肉の日』だそうな)
演奏する楽器によって、用途に特化した筋肉が
発達する、というお話でした。
特におもしろかったのが、ピアニストの筋肉。
ラフマニノフ筋、ショパン筋、ベートーヴェン筋・・・
本当にそんな名前の筋肉があるというワケではなく、
それぞれの作曲家の曲を弾く時に
特に使う指の周囲の筋肉が発達するのだそうです。

いわゆる「見せる」ための筋肉ではありません。
だから見て美しいわけでもなく、
むしろ、手の形が変形しているようなものなので、
見た目はどちらかというと悪いです。
私自身は、「見せる」筋肉より「動く」筋肉の方が好きなので、
その曲のために特化してできあがった筋肉が、
鍵盤の上を自由自在に動いて曲を奏でる様子は、
非常に見応えアリでした。

※12月6日(日)23:00~23:30に
 BS朝日でこの回の再放送があります♪

——————————————————————————————–

   1月10日(日)14:30~15:40

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
毎木曜日 11:25~12:40@西神中央
体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れた着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスンの受付可能日予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはお問い合わせフォームより
お願いいたします。