昨日のきものでお出かけは、さだまさしコンサートでした

【わかるヒトだけわかればいい「意見には個人差があります」タオル】
151020_2218
 

想定外その1

ワタクシ、さだまさしファンクラブに入会したのが20代前半、
以来、乳がん手術後の「人混みコワい」時期を除き、
年に1回は必ずコンサートに足を運んでいるので、
最低30回は行っております。
しかし、コンサート中に全員立って、体操をするなんて経験は
今回が初めてです(カウントダウンとかではあったのかな)
しかも、ディナーショーを含めてもきもので行ったのは
3回くらいしかないのに、よりによって、その3回目に
ステージ上からまさしさまが、両手を上にあげてのびをしろと
おっしゃる
それも1回ではなく2回、3回目はそのまま身体をひねれと
きもので手を上にあげると、袖が落ちてきて、ひじが出る
それを防ぐため、手は前に出して、できるだけ脇を伸ばします。
日ごろの研究と鍛錬の成果(?)で、ここはクリア。

ここは一部想定内

嗚呼、それなのに・・・
客席立ったまま「北の国から」に突入。
(身体がつらい方は座ってくださいね~とおっしゃるけれど)
この歌の時は、片手あげてて大きく振りつつ、
舞台客席一体化して歌うのが定番です。
ここは顔の前あたりの高さでバイバイしてました。

そして最後の想定外

それは名曲「風に立つライオン」でやってきました。
歌の最後の「アメージンググレイス」をみんなで歌おうとおっしゃる。
上記「北の国から」をはじめ、さださんの歌には、
リフレインなどをみんなで歌う曲がいくつかあります。
でも!
「ライオン」の「アメージンググレイス」は初めて
この曲って、ものすごく上手なゴスペル歌手や
ゴスペルグループが歌い上げるイメージがあります。
私なんぞとてもとても・・・
と思っていたら、やはり高いところが出ませんでした。
でも、ホールに響く舞台客席一体化の声は、
とってもキレイで、泣きそうになるくらいでした。

それにしても、この想定外連続のコンサートは
何だったんだ・・・
慣れたことでも油断するなということなのか
(臨戦態勢で聴くコンサートは楽しくなさそーだ)

——————————————————————————————–

☆☆月イチゆる楽バレエワーク@エクラ☆☆
11月15日(日)10:30~11:40

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
毎木曜日 11:25~12:40@西神中央
体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れた着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスンの受付予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはお問い合わせフォームより
お願いいたします。