以前に、身体のことを言葉だけで伝えることが難しい
という風な記事を書きました(コチラをどうぞ)

これまで別の表現を使って伝えていたことについて、
ふと思いついた言葉がぴったりはまるということが
今日ありました。

ボール

本当は、止まっているようだけど動き続ける、
あるいは次の動きにつなげる、というようなことを表現したくて、
ボールが跳ねるたとえを使ったんだけど、
頭からつながる身体の中心部を上に、
でも、肩は下げる、という動きにもつながりました。

焼魚

今までは、魚の頭と骨を身から抜くみたいに、と言っていて、
それがけっこうウケていたので、ずっと使っていましたが、
ウケていただけで(^_^;)、イマイチ伝わっていなかったみたいです。
というより、体感としてわかりにくかったのだと思います。
ハマった時に、生徒さんの顔つきはもちろん、
動きが変わるのを感じられるので、その瞬間は、
小さくガッツポーズです(*^^)v

言葉の奥には軸がある

レッスンでは、言葉だけでなく、私自身が動いたり、
生徒さんの身体にふれたり、が伴うことで、
伝わりやすいということもあります。
でも、言葉で伝えることは、大切にしていきたいし、
これがダメなら次はどうだ、なんて考える作業は
日本語マニアでもある私にとって、かなり楽しいことです。
ただ、単なる言葉遊びにならないよう、
自分が伝えたい軸の部分を、常に確認し続けることが大事ですね。

私にとってそれは、

「身体の仕組みに無理なく、負担が少ない」使い方です。

※画像は無料サイトから

——————————————————————————————–

☆☆月イチゆる楽バレエワーク@エクラ☆☆
10月11日(日)14:30~15:40
11月15日(日)10:30~11:40

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
毎木曜日 11:25~12:40@西神中央
体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れた着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスンの受付予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはお問い合わせフォームより
お願いいたします。