150404_0902

先日の私のお出かけ時のように、コートや羽織を着ないで出かけることを
「帯つきで出かける」と言います。
語源等はちょっとわかりませんm(__)m
大体、春から秋にかけての時期のことなのですが、
「花見から紅葉狩りまでは帯つき」
「紅葉狩りから花見までは帯つきではダメ」
の、2パターンの表現を聞いたことがあります。
同じように聞こえますが、前者だと花見と紅葉狩りは帯つきでOK
なのに対し、後者だと紅葉狩りと花見はコート、羽織が必要
ということになります。

「どっちやねん」とツッコミたくなりますが、
どちらも気候の変わりやすい時期(今日の冷え込みハンパない )、
気温が高ければ帯つきで、冷えこんでいればコート、羽織を着る、
どちらでもOKなフレキシブルな時期と考えるのがいいのかなと思います。

コートはともかく、羽織は今や、オシャレな着こなしのアイテムなので、
コーディネートの幅が広がる時期と思うとうれしいかもです。
夏に薄物やレースの羽織もよいですね♪

「帯つき」という言葉はステキな言葉なので、残っていけばいいなと思います。