きものを着た後のお手入れ・・・あくまで私の場合です。
まず、脱いだらすぐに汚れをチェック。
裾、袖口、衿は重点的に。
温かみが残っているうちに、共布で布目にそって拭くとよい、
というのをお茶の先生に教えていただきました。
共布が残っていない場合は、ビロードの布が代用になるそうです。
染みが見つかれば、下手にさわらずに、専門家におまかせします。

ハンガーきもの

それから、ハンガーにかけて、風通しのよいところに吊ります。
お天気がよければまる一日、雨降りや湿気の多い日があれば、
天気が回復してから一日、くらいは風を通します。

シーズン中にもう着る予定がなければ、丸洗いに出します。
まだ着る予定があれば、しわをアイロンで伸ばし(あて布必須!)、
たたんでしまいます。

夏の薄物や単衣の化繊であれば、即、ネットに入れて手洗いです。
このへんはまたシーズンになってから書きます。