諏訪湖近辺の地図を見ていて、
原田泰治美術館の文字が目に入りました。
高校生くらいの時に、新聞の日曜版に
連載されていた絵がいいなあと思っていて、
その作者の原田泰治氏が、さださんとお友達と知り、
ますます好きになりました。
その原田氏の美術館が諏訪にあるとな?
ただ、諏訪旅2日目は月曜日だったので、休館かと思っていたら、
ホテルの周辺ガイドによると、5月~10月は無休とのこと、
友人との待ち合わせまでに行けるではないですか(*^^)v

151026_0948

 

湖畔に立つステキな建物です。

スキャン0003

↑入場券です。
「秋」と書いてあるので、季節ごとに変わるのかもです。
原田泰治氏の絵はこんなです。
いつかどこかで目にしたと思われる方も
多いのではないでしょうか。
誰もがどこかなつかしいと思う風景が、
細やかな色彩と繊細な筆致で描かれています。

名誉館長さだまさしの「ごあいさつ」

さて、この美術館の名誉館長はさだまさし氏です。
入館してすぐ、展示室に向かう階段横の画面で、
「名誉館長のごあいさつ」が流れています。
思いがけず、さださんのお顔を、しかもドアップで見られると、
うれしくなって、いそいそと画面前の椅子に座りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       長い。

企画展や特別展を観に行くと、映像コーナーと称して、
時代背景や画家の逸話などを上映している場所があり、
「全編5分」などと書いてありますが、
アレ並みに、いや、アレ以上に長い。
「ごあいさつ」でなく「解説」と言ってほしい。
でも、その「解説」(笑)の中で、「名誉館長」が
「泰ちゃんは遠くから近くへと描いていくから、
 最初に描いた空が、こぉんなに小さくなる」
というようなことをおっしゃっていて、
作品を見る時に、そう思ってじっくりと見ると、
遠くの風景により深みが増すように思えました。

だからこそ、ゆっくりしっかり見ようと思ったのに!
「ごあいさつ」が長くて時間が(T_T)
次回はもっと余裕を持って入館するぞと、
加えて「ごあいさつ」はスルーするぞと
誓ったのでありました。

そして、「諏訪の旅」シリーズおしまいm(__)m

——————————————————————————————–

☆☆月イチゆる楽バレエワーク@エクラ☆☆
11月15日(日)10:30~11:40

☆☆大人から楽しむバレエ☆☆
毎火曜日 11:00~12:15@三木市緑が丘
毎木曜日 11:25~12:40@西神中央
体験、見学随時受付中!

☆☆バレエの「身体の使い方」を取り入れた着付け☆☆
出張着付け出張着付けレッスンの受付予定表はコチラ

お申し込み、お問い合わせはお問い合わせフォームより
お願いいたします。