「二重否定」という言葉をタイトルに使おうと
思っていたのですが・・・
日本語でいう「二重否定」と英語でいう「二重否定」は
微妙に違うらしく・・・
私が思ってるのは、英語の「二重否定」みたいです。
肯定を強調するために否定を重ねる、という
No music, no life.の類いですね。

決めなきゃ進めない→決めたら進んでいく
動かなければ始まらない→動き出すことで始まる
買わなきゃ当たらない→買えば当たる

(↑これはちょっと違うやろ)

コミットする時はできるだけ肯定表現を使う、と言われます。
「~しなきゃ」という、mustの意味の言葉が入ることで
二重否定の方が、より強い表現のような印象がありますが、
肯定にすることで、縛りが消えて、自由度が増すのでは、
とふと思ったので、書き留めてみました。

☆☆和・洋をまたぐ“歩き”の極意@加西KCC☆☆
 3月10日(火)18:00~体験レッスンです!